TEL

よくある質問 | 飯田橋接骨院|飯田橋・神楽坂で10年以上の治療実績の整骨院

お問い合わせはこちら

よくある質問

整骨院と整形外科と整体院の違い 整骨院・接骨院と整形外科は何が違うのかを患者様からよく質問されます。患者さんからすると整形外科も整骨院・接骨院も同じように健康保険(国民健康保険・社会保険・健康組合保険・共済保険・老人医療保険等)労災保険・損害保険・自賠責保険などの保険適用治療ができるので明確な違がわかりずらいのかもしれません。整形外科では医師が診察をし、必要な検査を行い、診断をするという点にご注目ください。医療の中で診断ができるのは、医師だけです。診断の後、病態に合わせて処置、投薬、注射、手術、リハビリテーション等で治療します。整骨院では、柔道整復師という国家資格保持者が施術を行います。柔道整復師は医師ではなくあんま・マッサージ師、鍼灸師と同じ医業類似行為の国家資格です。健康保険を使った治療は、捻挫・打撲・挫傷・肉離れなどのケガや関節痛・筋肉痛、骨折・脱臼などの応急処置が業務範囲であり、それ以外の慢性的な症状については健康保険適用外となります。レントゲン・MRI・CT・血液検査などのきちんとした検査をし、医師の診断を受けて治療していきたいと考える方は整形外科での受診をおすすめしています。

また、整骨院・接骨院と整体院は何が違うのかもよく聞かれます。整体院と整骨院・接骨院の大きな違いは、施術者が国家資格を持っているか持っていないかということです。整体院を開業するには、国家資格を取得する必要がありません。そのため、国家資格を持っていなくても整体院は誰でも開業することが出来るのです。整体の世界において一般的には身体の知識や技術を身につけるために、整体スクールに通って民間資格を取得される方が多くいらっしゃいます。一方、整骨院・接骨院では「柔道整復師」という国家資格を取得する必要があります。国家資格は厚生労働省の認めた医療専門学校の卒業と国家試験の合格が義務であり、解剖学・生理学・運動学・一般臨床等10以上の医療専門知識の勉強が必要です。(接骨院と整骨院は言葉の違いだけで同じものです)国家資格を取得しているというだけで、安心して施術を受けることが出来るという方も多いでしょう。整体院では国家資格が必要ないことから健康保険(国民健康保険・社会保険・健康組合保険・共済保険・老人医療保険等)や自賠責保険・労災保険・傷害保険などは適用されませんが、柔道整復師という国家資格を取得しなければいけない整骨院・接骨院では各種保険が適用されます。

整体院の先生の中にはとても整体施術が上手でおすすめできる先生もいらっしゃいますが、国家試験などもなく専門学校に行く必要もなく開業できる点からみても素人に近いレベルの整体師も多く存在するので、できれば知人の紹介や口コミでおすすめの整体を紹介してもらう方がおすすめです。整骨院・接骨院と整形外科・整体院はそれぞれに良い所がありますので患者様が自由に選択され信頼できる先生をお探しください。東京都新宿区、飯田橋・神楽坂・江戸川橋エリアの飯田橋接骨院(☆カイロプラクティック)は整骨院・接骨院ですので健康保険(国民健康保険・社会保険・健康組合保険・共済保険・老人医療保険)や自賠責保険・労災保険・傷害保険などが適用可能ですので比較的安価で安心した施術を提供しております。また、患部への治療のみならず根本治療を目指して、整体・カイロプラクティック等の手技療法での治療も自費にておこなっています。少しでも気になるお体の症状があるようでしたら、飯田橋接骨院にお気軽にご相談ください。