TEL

捻挫の一般的な分類 | 飯田橋接骨院|飯田橋・神楽坂で10年以上の施術実績の整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 手足のケガの記事一覧

捻挫の一般的な分類

2018.11.05 | Category: アスリート施術・スポーツ障害,手足のケガ

捻挫の一般的な分類

捻挫とは外傷によって関節が動く範囲以上に強制されて動いてしまい、靭帯が損傷してしまう事を言います。
一般的には、日常生活では段差のある所で足を捻ってしまったり、バレーボールやバスケットボールなどジャンプする動作の多いスポーツなどで受傷することが多いです。
よくある「足首を捻った」状態である足首の捻挫のほとんどが、内側に捻ってしまい前距腓靭帯・踵腓靭帯・後距腓靭帯と呼ばれる外側のくるぶし付近にある靭帯を損傷することが多いです。外側に捻ってしまう場合、三角靭帯と呼ばれる靭帯を損傷してしまう可能性がありますがとても強靭な靭帯のため起こりにくく、剥離骨折をおこしているケースがよく見られます。

【捻挫の症状】

捻挫をしてしまった場合、腫脹・熱感・痛みを伴います。 靭帯が損傷したことで関節周囲の血管が切れてしまい内出血を起こし、腫れてきます。腫れてくることで炎症が起きて発痛物質が作られ痛みを感じます。

【足関節捻挫の分類】

捻挫の程度は一般的には3つに分類されています。

第1度:靭帯の一部の断裂で、痛みや軽度の腫れがあります。
第2度:靭帯の部分断裂で、腫れや関節の運動も制限されます。
第3度:靭帯の完全断裂で、関節が不安定であり、症状すべての程度が強いです。
1度〜2度の損傷だと約3週間は治療期間が必要です。3度になると固定をする期間が長くなるので治療期間がさらに長くなります。

スポーツ障害(テニス肘)

2018.11.05 | Category: アスリート施術・スポーツ障害,手足のケガ

スポーツ障害(テニス肘)

飯田橋接骨院では、テニスにおける肘の痛みの治療を行っております。テニスは、全身のバネを使ったスイングが必要なスポーツです。 知らず知らずのうちに肩甲骨まわりや股関節が固くなっていたり、身体にゆがみがあるといった症状を抱えてしまっていると、軸にブレが出てしまったり、思うようなスイングが出来なくなることがあります。

当院での治療を行うことで、肩甲骨まわりや股関節の可動域を広げ、身体の歪みを取り、軸のしっかりとしたスイングを行えるようになると、プレイ自体が変わります。練習や試合で、身体の不調や疲れを感じた際に、一度治療を受けられてはいかがでしょうか。

テニスなどのラケットを使用するスポーツでよくある「テニス肘」は、「上腕骨外側上顆炎」または「上腕骨内側上顆炎」のことを言います。手関節の伸筋などに負担がかかり、筋の 変性や骨膜の炎症が起こります。バックハンドで腕を振ると外側の筋肉、フォアアンドで腕を振ると内側の筋肉に痛みが生じます。また、これらの症状はテニスだけで起こるものではなく、他のスポーツや、日常の家事・育児でも起こることがあります。スポーツ障害を起こす大きな原因は筋肉に起因していることがほとんどです。この筋肉の状態を改善することによって、ほとんどのスポーツ障害は改善できると考えています。 当院では各症状に合わせて、まずヒアリングを実施し、それから適切な施術を施すようにしています。

飯田橋接骨院では、患者様の症状の程度やお身体の状態に合わせて効果的な施術を組み合わせていきます。運動をしばらく控えて、治療に専念していただくことで素早い回復を臨むことが出来ます。
また、痛みがあるときだけではなく、普段から試合前後の身体のケアとして、飯田橋接骨院にて施術を受けていただくことによって、一部分にばかりかかってしまっている負担を取り除いて痛みの予防をしていくことも可能です。患部だけではなく、全身の関節や骨格などを調整していくということも大切な施術の一つになります。

腱鞘炎の症状

2018.10.29 | Category: 手足のケガ

腱鞘炎・手首・指・肩・施術

手首・指・肩まわりの腱鞘炎なら、飯田橋・神楽坂・江戸川橋エリアの飯田橋接骨院で施術します!

topics_01

整体骨盤矯正、飯田橋・神楽坂

電圧施術

飯田橋・神楽坂・江戸川橋エリアの飯田橋接骨院では、手首の腱鞘炎・指の腱鞘炎・肩まわりの腱鞘炎の施術を保険受付ですることができます。腱鞘炎のなかでも手首が痛いお客様が一番多いと思います。手首を曲げると痛い・床に手を着けない・ドアノブを回せない・パソコンのキーボードすら痛いなど、手首の症状は日常生活に大きく支障をきたします。手首の病気ですと、ドケルバン腱鞘炎・キーンベック・TFCC損傷・手根管症候群などが有名です。病院や整形外科で診断された方も多いのではないでしょうか。病院や整形外科では重篤な怪我でないかぎりは保存療法が基本です。もしも、病院や整形外科での腱鞘炎の施術で満足できないなら、飯田橋・神楽坂・江戸川橋エリアの飯田橋接骨院にご来店ください。

飯田橋・神楽坂・江戸川橋エリアの飯田橋接骨院では、炎症が強い場合にはまずアイシング(冷やす)をし、その後可動域の検査・痛みの出方の検査などをしていきます。その後テーピング・包帯固定・電気施術・高電圧ハイボールテージ施術・マイクロカレント施術などで鎮痛・消炎や痛んだ組織の回復を早めていく施術をしていきます。また、痛みを出してる部分だけでなく、必要に応じて首や肩・骨盤などのまわりの影響しあう部分も施術して、少しでも早く痛みが治まるように施術していきます。

腱鞘炎は痛みを出しているその部分が悪いことが多いですが、場合によっては全身の歪みが影響して、結果的に肩や腕・手首に負担がかかってしまっているお客様もいるので注意が必要です。病院や整形外科では、レントゲン・MRIなどの検査ができるメリットはありますが全身のバランスまで含めて施術していくことは、飯田橋・神楽坂・江戸川橋エリアの飯田橋接骨院のメリットといえます。

 

足首の捻挫

2018.10.29 | Category: 手足のケガ

足首の捻挫施術

ねんざ!足首の捻挫の施術・足首を捻ってしばらくしても痛み・腫れが引かないなら、飯田橋・神楽坂・江戸川橋エリアの飯田橋接骨院で施術しましょう!

 

超音波ハイボルテージ

捻挫施術足首ねんざ

スポーツ障害

 スポーツをしたり歩いていて、足首をグニャッと捻って捻挫をしてしまうと、たいていの場合、足首がゾウの足首のようにパンパンに腫れてしまい内出血をして歩行するのも痛くなります。さらにひどい捻挫の場合だと、足の甲に腫れが出てきてしまい松葉杖で何ヶ月も生活している人もいます。初期だ段階で施術を受けておかないと、靭帯が切れたり骨折をしていたりする場合があるので、病院や整形外科でレントゲンを取ることも重要です。

 しかし、それ以上に危険なのは軽い捻挫です。軽く足首を捻ったことのある人は多いと思います。軽いからといって「放っておけばそのうち治るだろう」と甘く見るのはやめましょう。そのままずっと足首に疼くような違和感や痛みが残ったり、足首の動きが悪くなってしまうお客様は多くいます。足首の動きが悪いと腰痛や足のむくみなどに繋がりやすくその後の生活に影響をしてきます。また、足首の捻挫がクセになっている人も多いです。

足首捻挫腫れ

 飯田橋・神楽坂・江戸川橋エリアの飯田橋接骨院では、足首の捻挫の早期施術を大切にしています。アイシング(冷やす)やテーピング・包帯固定・電気施術・ハイボルテージ電圧施術・マイクロカレント施術・手技施術などで足首の捻挫を施術していきます。

 飯田橋・神楽坂・江戸川橋エリアの飯田橋接骨院は、柔道整復師という捻挫・打撲・挫傷・骨折・脱臼などの施術のプロがいるお店です。病院や整形外科以外で捻挫のプロは整骨院・接骨院だけです。また、捻挫は保険適応対象になるので保険証を使うこともできますので安心してご来店ください。

ねんざ・うちみ・肉離れの施術はどっち?

2015.08.22 | Category: 手足のケガ

ねんざ(捻挫)とは関節を捻って靭帯や関節包が傷つき、痛みと腫れがでてくるのが特徴です。

うちみ(打撲)は、転んだりぶつかったりして全身のどの部分にも起こるもので内出血したりたんこぶのように腫れたりします。

肉離れ(筋挫傷)は、筋肉・筋膜・筋繊維が損傷・断裂・部分断裂したものでおもにふくらはぎによく起こります。

スポーツや競技、日常生活で怪我をした時、ねんざ・うちみ・肉離れなどの症状の時、整骨院・接骨院・病院・整形外科どこに行くでしょうか?

(ちなみに整骨院・接骨院・病院・整形外科、どこに行っても捻挫・打撲・挫傷は保険適用症状なので健康保険が使えます。)

 

病院や整形外科のメリット

①レントゲンやMRIが使えるので骨折との鑑別が正確である。

②薬の処方ができるので、湿布や痛み止めの薬が安くもらえる。

 

整骨院・接骨院のメリット

①包帯やテーピング・電気施術・手技療法など施術が丁寧

②近所にたくさんあるから通院しやすい

 

おおざっぱにはこんなところでしょうか。それぞれにメリットデメリットがありますが、重症なものは病院整形外科でまずは精密検査。それ以外は整骨院・接骨院で施術。これが一般的な考え方だと思います。

飯田橋・神楽坂・江戸川橋エリアの飯田橋接骨院でももちろん、捻挫・打撲・挫傷の施術はやっております。

ねんざ(捻挫)といえば、足首の捻挫、足の甲の捻挫・足関節捻挫・手首の捻挫・膝の捻挫・頚椎捻挫・腰椎捻挫・肩関節捻挫などで来院されるお客様が多いです。

うちみ(打撲)といえば、コンタクト系スポーツでの部分打撲・交通事故などの全身打撲が多いです。

肉離れ(筋挫傷)では、ふくらはぎが圧倒的に多いです。

もしも、捻挫・打撲・挫傷でお困りなら、飯田橋・神楽坂・江戸川橋エリアの飯田橋接骨院にお気軽にご相談ください。

各種保険適用なので健康保険をご持参ください。

スポーツ保険・自転車保険などの傷害保険も大丈夫です!

 

料金システム、保険施術1

足首・手首・膝の捻挫 腫れ痛み解消!

2015.08.21 | Category: 手足のケガ

足首捻挫・手首捻挫・膝捻挫などで、足首が痛い・腫れがひどい・歩けない・足の甲が痛い・手首が痛い・手をつけない・膝が痛い…そんな急性症状でお困りでしたら、東京都新宿区・神楽坂・飯田橋・江戸川橋エリアの飯田橋接骨院で施術・リハビリしませんか?

足首捻挫・手首捻挫・膝捻挫などを施術・リハビリせずに放っておくと後々まで痛みが残ったり、運動制限・可動域制限がでてしまうことも少なくありません。早期施術・早期リハビリをして日常生活が不便なくおくれるようになるまでしっかり施術しましょう。

足首捻挫・手首捻挫・膝捻挫などの症状ならば、病院や整形外科などと同じように整骨院・接骨院では保険適用できますので健康保険証をお持ちになれば施術費も多くはかかりません。小学生・中学生ならば医療証があれば施術費は0円になります。サッカー・野球・ランニング・テニス・バスケ・バレー・ダンス・柔道・ラグビー・水泳・バトミントンなどの部活動をしている小学生・中学生は足首の捻挫・手首の捻挫・膝の捻挫などは多いと思いますのでぜひ整骨院・接骨院に通院することをおすすめします。

東京都新宿区・神楽坂・飯田橋・江戸川橋エリアの飯田橋接骨院では足首捻挫・手首捻挫・膝捻挫などには、温罨法・包帯固定・キネシオテーピング・手技療法・ハイボルテージ・マイクロカレント・電気施術などを組み合わせて、効果的に痛みを取り除きながら施術・リハビリをしていきます。スタッフも柔道整復師という国家資格を持つ捻挫のプロですので安心してお任せ下さい。

料金システム、保険施術1

足首・足の甲捻った!

2015.08.20 | Category: 手足のケガ

足首の捻挫・足の甲の捻挫・足首捻挫で腫れがひかない・足首捻挫後に痛みが残る・膝の捻挫・手首の捻挫…

そんな時は東京都新宿区・飯田橋・神楽坂・江戸川橋エリアの飯田橋接骨院で捻挫施術をいたします。

病院や整形外科・整骨院・接骨院は捻挫の施術のプロフェッショナルです。

急性・亜急性の捻挫は保険適用できますので健康保険をお持ちください。

小学生・中学生などは医療証をお持ちでしょうから施術費窓口負担は0円です。

スポーツなどの運動・部活動でがんばる小学生・中学生に足首の捻挫・足の甲の捻挫・手首の捻挫・膝の捻挫などは日常茶飯事ですので、保険適用の病院・整形外科・整骨院・接骨院は大きな味方になると思います。

そのほか骨折・脱臼・打撲・打ち身・筋挫傷・肉離れなど、スポーツの怪我の施術は、飯田橋・神楽坂・江戸川橋エリアの飯田橋接骨院にぜひお任せ下さい。国家資格を持った体のプロフェッショナルがしっかり施術し、怪我の早期回復・競技の早期復帰を目指します。

サッカー・野球・バスケ・バレー・ランニング・ジョギング・マラソン・テニス・水泳・ゴルフ・ダンス・格闘技などで足を捻った・足首を捻った・足の甲が痛い・捻挫して腫れがひどい・腫れが引かない・痛みがひどく歩けない・腱鞘炎・手首の捻挫などでお困りなら、飯田橋・神楽坂・江戸川橋エリアの飯田橋接骨院にお気軽にご相談ください。

料金システム、保険施術1

料金システム、骨盤矯正1

 

子育ての職業病【けんしょう炎】

2014.01.22 | Category: 手足のケガ

こんにちは、飯田橋接骨院(カイロプラクティック)の石原です。

飯田橋接骨院でお客様のおはなし。

このあたり一帯は小学校、幼稚園も多く子育てのお母さん、お父さんたちが多くいらっしゃいます。

『子供(赤ちゃん)連れでも大丈夫ですか?』という質問をよく頂きますのでこちらに関して簡単にお答えしたいと思います。

結論から言いますと、“お子様連れ大歓迎です。”

お子様の年齢にもよると思いますが、とても小さいお子さんであれば、ベビーカーのまま施術しているお母さんの隣でも大丈夫ですし。

自分で遊んで待っていられる子であれば、スタッフと遊んでいてもらってもけっこうですし。

上記のように飯田橋接骨院では臨機応変に対応させて頂きます。

また、その際の安全性の配慮などにも気遣っていきたいと思いますので、安心してお越し下さい。

また時間の予約なども可能ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。