TEL

捻挫の一般的な分類 | 飯田橋接骨院|飯田橋・神楽坂で10年以上の施術実績の整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > アスリート施術・スポーツ障害の記事一覧

捻挫の一般的な分類

2018.11.05 | Category: アスリート施術・スポーツ障害,手足のケガ

捻挫の一般的な分類

捻挫とは外傷によって関節が動く範囲以上に強制されて動いてしまい、靭帯が損傷してしまう事を言います。
一般的には、日常生活では段差のある所で足を捻ってしまったり、バレーボールやバスケットボールなどジャンプする動作の多いスポーツなどで受傷することが多いです。
よくある「足首を捻った」状態である足首の捻挫のほとんどが、内側に捻ってしまい前距腓靭帯・踵腓靭帯・後距腓靭帯と呼ばれる外側のくるぶし付近にある靭帯を損傷することが多いです。外側に捻ってしまう場合、三角靭帯と呼ばれる靭帯を損傷してしまう可能性がありますがとても強靭な靭帯のため起こりにくく、剥離骨折をおこしているケースがよく見られます。

【捻挫の症状】

捻挫をしてしまった場合、腫脹・熱感・痛みを伴います。 靭帯が損傷したことで関節周囲の血管が切れてしまい内出血を起こし、腫れてきます。腫れてくることで炎症が起きて発痛物質が作られ痛みを感じます。

【足関節捻挫の分類】

捻挫の程度は一般的には3つに分類されています。

第1度:靭帯の一部の断裂で、痛みや軽度の腫れがあります。
第2度:靭帯の部分断裂で、腫れや関節の運動も制限されます。
第3度:靭帯の完全断裂で、関節が不安定であり、症状すべての程度が強いです。
1度〜2度の損傷だと約3週間は治療期間が必要です。3度になると固定をする期間が長くなるので治療期間がさらに長くなります。

スポーツ障害(テニス肘)

2018.11.05 | Category: アスリート施術・スポーツ障害,手足のケガ

スポーツ障害(テニス肘)

飯田橋接骨院では、テニスにおける肘の痛みの治療を行っております。テニスは、全身のバネを使ったスイングが必要なスポーツです。 知らず知らずのうちに肩甲骨まわりや股関節が固くなっていたり、身体にゆがみがあるといった症状を抱えてしまっていると、軸にブレが出てしまったり、思うようなスイングが出来なくなることがあります。

当院での治療を行うことで、肩甲骨まわりや股関節の可動域を広げ、身体の歪みを取り、軸のしっかりとしたスイングを行えるようになると、プレイ自体が変わります。練習や試合で、身体の不調や疲れを感じた際に、一度治療を受けられてはいかがでしょうか。

テニスなどのラケットを使用するスポーツでよくある「テニス肘」は、「上腕骨外側上顆炎」または「上腕骨内側上顆炎」のことを言います。手関節の伸筋などに負担がかかり、筋の 変性や骨膜の炎症が起こります。バックハンドで腕を振ると外側の筋肉、フォアアンドで腕を振ると内側の筋肉に痛みが生じます。また、これらの症状はテニスだけで起こるものではなく、他のスポーツや、日常の家事・育児でも起こることがあります。スポーツ障害を起こす大きな原因は筋肉に起因していることがほとんどです。この筋肉の状態を改善することによって、ほとんどのスポーツ障害は改善できると考えています。 当院では各症状に合わせて、まずヒアリングを実施し、それから適切な施術を施すようにしています。

飯田橋接骨院では、患者様の症状の程度やお身体の状態に合わせて効果的な施術を組み合わせていきます。運動をしばらく控えて、治療に専念していただくことで素早い回復を臨むことが出来ます。
また、痛みがあるときだけではなく、普段から試合前後の身体のケアとして、飯田橋接骨院にて施術を受けていただくことによって、一部分にばかりかかってしまっている負担を取り除いて痛みの予防をしていくことも可能です。患部だけではなく、全身の関節や骨格などを調整していくということも大切な施術の一つになります。

ランナーに多いランナー膝

2018.10.29 | Category: アスリート施術・スポーツ障害

膝の痛み・ランナー膝・ジャンプ膝

病院・整形外科・他の整骨院・接骨院でも治らなかった膝の痛みの施術なら、東京都新宿区、飯田橋・神楽坂・江戸川橋エリアの飯田橋接骨院の根本施術!

 

スポーツ施術院スポーツ障害

膝痛テーピング

整体,骨盤矯正,飯田橋,神楽坂,整骨院,腰痛

超音波ハイボルテージ

整体骨盤矯正、飯田橋・神楽坂

東京都新宿区、飯田橋、神楽坂、江戸川橋エリアの飯田橋接骨院では、運動やスポーツでの膝の痛み施術、ランナー膝施術、ジャンプ膝施術などを得意としています。

ランナー膝

病院や整形外科、他の整骨院、接骨院で施術しても治らなかった膝の痛みもあきらめずに飯田橋接骨院で施術してみませんか?運動やスポーツでの膝の痛みは、膝の内側に痛みが出るもの、膝の外側に痛みが出るもの、膝のお皿の下に痛みが出るものと症状が分かれるのが特徴です。膝の炎症部位の違いは、運動やスポーツによって使う筋肉や動きが違うため、繰り返し繰り返しかかる負荷の場所が違うためにおこります。病院や整形外科ではレントゲンやMRIなどの精密検査で痛んだ部位を調べますが、なぜその部位に炎症が起きたのかという、根本原因は調べて施術はしません。東京都新宿区、飯田橋、神楽坂、江戸川橋エリアの飯田橋接骨院は体の歪み、骨盤の歪み、体の使い方の癖などの根本原因に目を向けて施術していきます。また、膝の周りの筋肉や靭帯、腱など炎症を引き起こす部位に対して整体、ストレッチ、マッサージなどで緊張を和らげ、骨盤矯正、カイロプラクティックでバランスを整えていくので、膝の痛みはもちろん、スポーツのパフォーマンスアップにも繋がると好評です。膝の炎症部分には消炎・鎮痛効果の高いハイボルテージ、マイクロカレント、電気施術、冷罨法などで対応します。東京都新宿区、飯田橋、神楽坂、江戸川橋エリアの飯田橋接骨院で、膝の内側・外側の痛み、ランナー膝、ジャンプ膝、タナ障害などの膝の痛みの根本施術をしてみませんか?病院や整形外科、他の整骨院、接骨院、整体院で治らなかった膝の痛みもあきらめないでください!

 

スポーツ選手に多い肘のケガ

2018.10.29 | Category: アスリート施術・スポーツ障害

肘の痛み施術・野球肘・ゴルフ肘・テニス肘

野球肘・ゴルフ肘・テニス肘などの肘の痛み施術は、飯田橋・神楽坂・江戸川橋エリアの飯田橋接骨院へ!病院や整形外科で痛みがなくならなくてもあきらめないで!

 

topics_01

料金システム、保険施術1

料金システム、骨盤矯正1

野球肘・ゴルフ肘・テニス肘など肘の痛み施術をお探しなら、病院や整形外科での保存療法や手術の前に、飯田橋、神楽坂、江戸川橋の飯田橋接骨院の肘の痛み施術はいかがでしょうか?野球肘・ゴルフ肘・テニス肘の肘の痛みがでる原因は主に身体の使い方にあります。特に骨盤、肩甲骨などの体の使い方が悪いと体幹の力を使えずに腕や前腕の力を使う事になります。そして腕や前腕の使いすぎは肘の回りの靭帯と骨との摩擦を生み肘の内側の炎症、肘の外側の炎症に繋がり、野球肘・ゴルフ肘・テニス肘などの肘の痛みを引き起こします。体幹の力の安定こそが肘の痛みをはじめとする、股関節の痛み、膝の痛み、肩の痛み、手首の痛みを防ぐ根本施術となります。病院や整形外科では体の使い方骨盤、肩甲骨の使い方までは考えて施術はしません。部分だけを施術するのが病院・整形外科です。飯田橋、神楽坂、江戸川橋エリアの飯田橋接骨院では「身体の全ては繋がっている」と考えて、骨盤矯正や歪みの施術などをいれながら肘の痛みを改善していきます。また、消炎・鎮痛効果の高い、ハイボルテージ・マイクロカレントやテーピング、冷罨法、包帯法、電気施術なども行っております。もしも、野球肘、ゴルフ肘、テニス肘などの肘の痛みでお困りなら、飯田橋、神楽坂、江戸川橋エリアの飯田橋接骨院へお気軽にご相談ください。

 

スポーツ選手に多い股関節の痛み

2018.10.29 | Category: アスリート施術・スポーツ障害

股関節痛の施術

スポーツで股関節が痛い!ストレッチしても股関節の痛みが治らない!飯田橋・神楽坂・江戸川橋エリアの飯田橋接骨院の施術がおすすめです!

 

スポーツ施術院スポーツ障害

股関節痛

整体骨盤矯正、飯田橋・神楽坂

 ランニング・ジョギング・サッカー・ダンス・ゴルフ・格闘技などのスポーツをしていて股関節が痛くなることはありませんか?飯田橋・神楽坂・江戸川橋エリアの飯田橋接骨院(☆カイロプラクティック)では、スポーツをして股関節が痛いというお客様が過去に多数来院されています。

 骨盤や体幹を支え動かす最大の関節は股関節です。スポーツでよく言われる「腰をまわす」「腰をいれる」という動作の大部分は股関節の動きです。スポーツを本気でやっている人の多くは股関節まわりのストレッチなどはよくやられているとは思いますが、股関節痛はストレッチをしてもあまりよくはなりません。もしストレッチをするなら股関節より大腰筋をストレッチしてください。大腰筋は腰椎の前面から股関節の付け根に付着する筋肉で腰痛や骨盤の歪み・股関節痛に関係する重要な筋肉です。ほとんどの腰痛施術でも大腰筋をアプローチする施術家が多いと思います。

kokannsetu

 また、大腰筋と切っても切れない関節が仙腸関節。仙腸関節の矯正をしないと大腰筋の緊張がとれなかったり、根本的な改善になっていないがため大腰筋への負荷がくり返しくり返しかかることになります。飯田橋・神楽坂・江戸川橋エリアの飯田橋接骨院(☆カイロプラクティック)では股関節痛の施術では、必ず骨盤矯正・仙腸関節の矯正を加え、股関節・大腰筋への根本的な負荷を改善していく施術をしています。病院や整形外科の施術ではレントゲン・MRIの検査、痛み止めの薬の処方がほとんどだと聞きます。スポーツで出る股関節の痛みの大部分は大腰筋と仙腸関節の調整で治るので、病院の施術で満足できないなら一度、飯田橋・神楽坂・江戸川橋エリアの飯田橋接骨院へご来店ください。ただし、股関節の痛みには人工骨頭をいれる必要がある重篤なものもあるので病院や整形外科の精密検査は必要だと思います。(特に中高年の股関節痛は注意!)

 

ゴルフでぎっくり腰になったり、腰痛でゴルフのスイングに支障が出てきたら

2018.10.29 | Category: アスリート施術・スポーツ障害

ゴルフでぎっくり腰になったり、腰痛でゴルフのスイングに支障が出てきたら飯田橋接骨院にお任せください!

 

ゴルフ腰痛

整体骨盤矯正、飯田橋・神楽坂

 ゴルフ腰痛の代表的なものは、アンバランスな体の使い過ぎによる筋肉や関節の片側ばかりに負担がかかることによって起こります。何度も何度もゴルフスイングの練習をする方は、極端に腰や背中、お尻などの筋肉が硬くなりストレッチしても追いつかないくらいになっています。また、日ごろの準備運動やストレッチを怠る方が多く、十分にウォームアップされていない状態で大きく腰を捻るようなスイングをして「ぎっくり腰」になってしまうこともよくあります。特にゴルフは午前中の朝早くにプレーしだすことが多く、準備運動やストレッチが足りなくなりやすいスポーツです。(冬場のゴルフ場の午前中は要注意。ぎっくり腰が多発!)そういう意味ではゴルフを続けることと腰痛を予防することは切っても切れない関係だと思います。

ゴルフ

 飯田橋・神楽坂・江戸川橋エリアの飯田橋接骨院(☆カイロプラクティック)では、ゴルフの腰痛施術を受けるゴルフ愛好家が多数通院されています。整体・ストレッチ・骨盤矯正を組み合わせた独自の腰痛施術で、ゴルフのスイングで負担のかかる腰・背中・お尻・股関節を中心に、歪みを整えながら筋肉や関節の柔軟性を出し体のパフォーマンスを上げていきます。飯田橋・神楽坂・江戸川橋エリアは会社やオフィスが多く、ゴルフ接待をやむを得ない中高年のサラリーマンの腰痛駆け込み寺となっています。

 ゴルフのラウンドや日々の打ちっぱなしでのスイング練習は、年間通して行われるため体のケア・メンテナンスの頻度は数多く必要です。飯田橋・神楽坂・江戸川橋エリアの飯田橋接骨院(☆カイロプラクティック)では各種保険適応ですので腰椎捻挫・腰部筋肉の挫傷・背部筋肉の挫傷などのぎっくり腰は保険受付の施術となります。また、日常のゴルフスイングでの腰痛も検査をすると捻挫や挫傷であることが多く保険適応である場合が多いです。飯田橋接骨院は「コストパフォーマンスがいいね!」と好評をいただいておりますので、練習の前後、コースでのラウンドの前後に安心して通院できます。

 東京都新宿区・神楽坂・飯田橋・江戸川橋エリアの飯田橋接骨院は飯田橋駅前で10年以上の実績。駅からすぐと近く年中無休で通院環境は抜群です。もしゴルフでぎっくり腰になったり、腰痛でゴルフのスイングが満足できなくなってきたのなら、一度お気軽にご来店ください。

topics_06

全国優良スポーツ施術院

2017.06.09 | Category: アスリート施術・スポーツ障害

スポーツ施術院スポーツ障害

 

全国優良スポーツ施術院

 

飯田橋接骨院が全国優良スポーツ施術院に認定されました。

スポーツ障害おまかせください。

東京マラソン参加の皆さまへ!

2014.02.21 | Category: アスリート施術・スポーツ障害

こんにちは!飯田橋接骨院(カイロプラクテック)の石原です!

日曜日に迫ってまいりました東京マラソン!

皆様準備はいかがでしょう!?エントリーはお済みでしょうか?

今日、明日は身体の最終調整行って下さいねー!

当接骨院最終コンディショニングも行ってますので是非!&走った後のケアもやってます!

去年は走った格好でそのままメンテに来る方もけっこういらっしゃいましたね!(笑)

フルマラソンした後に歪みを整えておくだけでもかなり疲労回復効果がありますし。

でもかなり筋肉痛になると思いますので、ご自身で冷やすなり、ストレッチするなりケアしましょう!

 

また、日曜日走る準備として、気になる所のテーピングを貼るのもやってますので、膝、足首、大腿筋膜、足底筋膜、シンスプリント、肩、首、などなど。

いろんな箇所にテーピングは有効ですので是非お試しください!

それでは日曜日は皆様の完走を心より願っております!

頑張って下さいー!!!!

 

アスリートに多い腸脛靭帯炎

2014.02.08 | Category: アスリート施術・スポーツ障害

こんにちは!飯田橋◎カイロプラクティックの石原です。

大雪ですね~こんな日は家でゆっくりしたいものですが、、

飯田橋接骨院は元気に営業しております。笑

お近くの方、暖房効かせてますんで是非~♪

さて、今日はランナーシリーズということで、ランナーによくある症状上位、

【腸脛靭帯炎】について。

ランナーの方なら9割近くの人が経験するのではないかというくらいメジャーな症状ですが、簡単に解説を。

簡単に言うと、膝の外側が痛む!!という症状です。

簡単に言い過ぎましたが、原因は“腸脛靭帯炎”というものが、太ももの骨との摩擦を起こす&ハリ過ぎてしまう。のが主な原因です。

使いすぎということも言えます。

こんなときは、休めばそのうち直るでしょう!!!

、、と思っていても、全然直らないんです!

おしり~太もも~ふくらはぎを緩めたり、ストレッチしたり、骨盤のバランスを整えて膝の負担を減らしたりと。。

やらなきゃ直りません!そしてなるべく早いうちに!

また、このような症状が出る前に予防することが最も大切です!

ランニングの際に気になる症状がある方、お気軽にお問い合わせ下さい!