TEL

腱鞘炎の症状 | 飯田橋接骨院|飯田橋・神楽坂で10年以上の施術実績の整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 手足のケガ > 腱鞘炎の症状

腱鞘炎の症状

2018.10.29 | Category: 手足のケガ

腱鞘炎・手首・指・肩・施術

手首・指・肩まわりの腱鞘炎なら、飯田橋・神楽坂・江戸川橋エリアの飯田橋接骨院で施術します!

topics_01

整体骨盤矯正、飯田橋・神楽坂

電圧施術

飯田橋・神楽坂・江戸川橋エリアの飯田橋接骨院では、手首の腱鞘炎・指の腱鞘炎・肩まわりの腱鞘炎の施術を保険受付ですることができます。腱鞘炎のなかでも手首が痛いお客様が一番多いと思います。手首を曲げると痛い・床に手を着けない・ドアノブを回せない・パソコンのキーボードすら痛いなど、手首の症状は日常生活に大きく支障をきたします。手首の病気ですと、ドケルバン腱鞘炎・キーンベック・TFCC損傷・手根管症候群などが有名です。病院や整形外科で診断された方も多いのではないでしょうか。病院や整形外科では重篤な怪我でないかぎりは保存療法が基本です。もしも、病院や整形外科での腱鞘炎の施術で満足できないなら、飯田橋・神楽坂・江戸川橋エリアの飯田橋接骨院にご来店ください。

飯田橋・神楽坂・江戸川橋エリアの飯田橋接骨院では、炎症が強い場合にはまずアイシング(冷やす)をし、その後可動域の検査・痛みの出方の検査などをしていきます。その後テーピング・包帯固定・電気施術・高電圧ハイボールテージ施術・マイクロカレント施術などで鎮痛・消炎や痛んだ組織の回復を早めていく施術をしていきます。また、痛みを出してる部分だけでなく、必要に応じて首や肩・骨盤などのまわりの影響しあう部分も施術して、少しでも早く痛みが治まるように施術していきます。

腱鞘炎は痛みを出しているその部分が悪いことが多いですが、場合によっては全身の歪みが影響して、結果的に肩や腕・手首に負担がかかってしまっているお客様もいるので注意が必要です。病院や整形外科では、レントゲン・MRIなどの検査ができるメリットはありますが全身のバランスまで含めて施術していくことは、飯田橋・神楽坂・江戸川橋エリアの飯田橋接骨院のメリットといえます。