TEL

PC作業が多い方に多いのが肩コリ | 飯田橋接骨院|飯田橋・神楽坂で10年以上の施術実績の整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 2014 2月の記事一覧

PC作業が多い方に多いのが肩コリ

2014.02.24 | Category: 首肩こり

こんにちは。

飯田橋接骨院の福島です。

当接骨院は、土地柄か会社員のお客さんが多くいらっしゃる気がします。

中でも肩コリでお困りの方が多いですね。

 

間違った姿勢でPCを操作していると、肩・首に負担がかかり、いつまでたっても肩こりが治りません。

肩・首に負担がかからない正しいPC姿勢を身につけましょう。

正しい姿勢でPCを操作していれば、そもそも肩こりにならなくなります。

 

×肩が凝るPCの姿勢×

  ①顎が突き出している

  ②肩に力が入っている

  ③首の後ろが縮んでいる

  ④背中が丸まっている

これをやっていると、1日中、首や肩に負担がかかり、肩こりがとれなくなります。

 

○正しいPCの姿勢○

  ①深く腰掛ける

  ②キーボード/マウスを体の近くに置く

  ③脇を閉めて、キーボードを操作する

  ④おヘソの下の部分(丹田)に力を入れる

  ⑤頭が糸で上に引っ張られている様をイメージする

 

最近自分でもやってみましたが、実践してみると確かに差が感じられますね。

心なしか腰への負担も減ってるようです。

是非、試してみてください。

 

どうしても辛い・苦しいという場合には、当接骨院お越し下さい。

年中無休でお待ちしております。

姿勢と健康についてのコラム

2014.02.22 | Category: 整体・骨盤矯正

こんにちは、飯田橋接骨院の福島です。

 

 

 

先週に続き、姿勢と健康についてのお話です。

 

先週もお話しましたが、姿勢を伸ばすということはとても重要です。

しかし、無理に姿勢を伸ばそうとして「反り腰」になってしまう場合があるので注意しましょう。

反り腰とは壁に背中をつけた状態で、腰と壁の間に手が入ってしまう状態です。

重心が後ろにあり、腰に負担がかかり、腰痛や坐骨神経痛、肩こりなどの原因にもなります。

しかも、下腹部が前に押し出されるので、ぽっこりお腹になってしまのです。

正しい姿勢とは、左右の重心が均等で肩の高さが水平、横から見たとき、肩の中心と耳たぶ、くるぶしが同じラインにある、膝がまっすぐに伸びている、というのがポイント。

注意したいのは、胸を張るのではなく、肩甲骨の下あたりを前に突き出すことを意識してみてください

 

 

日頃の姿勢や体勢はとても大切で重要です。

矯正をしっかりと行っても、普段の日常の中で偏った姿勢や体勢をとっていると、意味がありません。

ちょっとした事ですが、健康にはとても大事なことですので、気を付けてみてはいかがでしょうか。

 

東京マラソン参加の皆さまへ!

2014.02.21 | Category: アスリート施術・スポーツ障害

こんにちは!飯田橋接骨院(カイロプラクテック)の石原です!

日曜日に迫ってまいりました東京マラソン!

皆様準備はいかがでしょう!?エントリーはお済みでしょうか?

今日、明日は身体の最終調整行って下さいねー!

当接骨院最終コンディショニングも行ってますので是非!&走った後のケアもやってます!

去年は走った格好でそのままメンテに来る方もけっこういらっしゃいましたね!(笑)

フルマラソンした後に歪みを整えておくだけでもかなり疲労回復効果がありますし。

でもかなり筋肉痛になると思いますので、ご自身で冷やすなり、ストレッチするなりケアしましょう!

 

また、日曜日走る準備として、気になる所のテーピングを貼るのもやってますので、膝、足首、大腿筋膜、足底筋膜、シンスプリント、肩、首、などなど。

いろんな箇所にテーピングは有効ですので是非お試しください!

それでは日曜日は皆様の完走を心より願っております!

頑張って下さいー!!!!

 

首の痛み

2014.02.19 | Category: 首肩こり

こんにちは、飯田橋接骨院です。

今日も寒いですねえ。 

寒くなってくるとよくあらわれる首の症状として手や腕のシビれがあります。

ただでさえ寒いとそうであるのに神経の圧迫などがあると顕著にでてきます。

腕のシビれがでたり痛みが出たりする場合、もしかしたら首(頚椎)の神経の通り道で圧迫がおこっているのかもしれません。 いわゆる頚椎症というヤツですね。

このような症状はただマッサージをしただけでは改善されないタイプのものです。

こういった症状は当院の得意とするところです。

カラダ全体の歪みの矯正からはじまり、頚椎の状態、胸や腕の筋肉による影響を解消し、神経の圧迫を取っていきます。

飯田橋はデスクワークの方が多いですからこのような症状の方も多いと思います。

肩こりだけではなく、シビれや痛みに悩まされている方が居られましたら、飯田橋接骨院にお越しください、症状をとって、仕事の能率を上げませんか?

【ぎっくり腰】急性腰痛でお困りなら

2014.02.18 | Category: 腰痛・ぎっくり腰

ぎっくり腰!ギックリ腰!ぎっくり腰!

ぎっくり腰のお客様が大量に急増中です。

毎年冬になると起こる現象ですが、今年はとくにすごい。

最近は記録的な大雪の影響もあってか

「雪かきをしたら腰を痛めた。」

「足元がすべって腰にビキッときた。」

などの原因でいきなり腰痛になるお客様がとても多くなっています。

みなさまお気を付けください!

そして、ぎっくり腰になってしまったら「痛みがよくなる施術院」飯田橋接骨院へお越し下さい。

飯田橋接骨院では、アイシング、矯正施術、内臓調整、温熱療法、干渉波、ハイボルテージ、テーピング、はり灸施術などを組み合わせてぎっくり腰の施術を行っております。

またコルセットの貸し出しなども行っておりますので、お仕事や子育てなど、腰痛を抱えていても休めない方はご利用ください。

【ワンポイントアドバイス】

ぎっくり腰の8割くらいは午前中に起こります!

朝、顔を洗う、うがいをする、着替える、靴をはく…

特に気をつけましょう!

腰痛の本当の原因

2014.02.17 | Category: 腰痛・ぎっくり腰

こんにちは、飯田橋接骨院の福島です。

今日は腰痛の原因についてのお話です。

飯田橋接骨院にも腰痛を訴えて来院される方が日々いらっしゃいます。

腰痛で来院されるお客さんは、「腰が痛くなったから腰を診てほしい」という思いを訴えられます。

しかし、腰が痛いからといって、腰に原因があるとは限りません。

腰が痛いというのは結果であって、原因がほかのところにあるケースはとても多いです。

足首の捻挫や膝の痛みを庇っていたり、骨格がゆがんでいたり。

中には精神的なストレスによって腰痛を引き起こされている、ということもあります。

もちろん「どのように痛むか」は調べます、

しかし、施術のために大切なのは「今痛むところ」ではなく、

「痛みの原因となるところ」を改善していくことにあります。

そのため飯田橋接骨院では身体全体のバランスや骨盤のゆがみなども見ながら施術していきます。

腰痛でお困りの際は、一度立ち寄ってみてください。

お客さんの将来の健康のために、年中無休でお待ちしております。

食べ過ぎと腰痛

2014.02.16 | Category: 腰痛・ぎっくり腰

こんにちわ( ^)o(^ )

飯田橋接骨院(カイロプラクティック)の吉岡です!!

 

雪で外に出られず、家に居て食べ過ぎちゃったなんて人多いんではないでしょうか??

この食べ過ぎが原因で腰痛になってしまうことがあるんですよ。

食べ過ぎが腰痛を招く原因はいつくかあるのですが、まず一番にあげられるのがすい臓の弱りによる

腰痛です。すい臓は広背筋という筋肉と深い関係があります。広背筋は背中にある筋肉で、上腕骨か

ら背骨の中間部の一番下までびっしり付着している筋肉です。

筋肉の厚み自体はそれほど分厚くはないのですが、面積は体の中で最も大きい筋肉です。広背筋は

腕を動かしたり、体を後ろにそらしたりと様々な動きに関与しています。これだけ大きく、様々な働きを

する筋肉であり、腰の骨にもびっしり付着している筋肉なので、弱ると当然のごとく腰痛の原因になって

しまいます。すい臓が弱った場合、左側の広背筋が弱ってしまうので右側の広背筋が緊張してコリが

酷くなります。コリが酷い程度ならまだいいのですが、広背筋の左右のバランスが崩れたまま動き続け

ていると、腰椎がズレを起こしてしまい、本格的な腰痛につながってしまいます。

 

食べ過ぎて腰が痛くなるなんて、イメージしづらいかとは思いますが食べ過ぎた後にギックリ腰になりやすいのも事実です。

ちょっと心当たりのあるという方は、だまされたと思って食事を控えてみてはいかがですか??
 

肩こり【施術】と血行の関係性

2014.02.11 | Category: 首肩こり

こんにちは、飯田橋接骨院です。

今日は肩こりと血行についてのお話です。

最近ますます冷え込んできましたね、いくら着込んでも足りないくらいです。

こんなに寒いと肩をすぼめて寒さをしのぎがちです。

しかし長い時間こういった姿勢を続けていると、肩の筋肉が緊張して、血管を圧迫します。

その分だけ血液の流れが悪くなり、筋肉は酸欠状態となって老廃物がたまり、所謂「コリ」になります。

そんな時は肩を温めることがとても効果的です。

例えば使い捨てカイロを用意して、肩に当てておくだけでも症状の緩和が期待できます。

カイロは直接肌に触れないように、下着の上から当てたり、ハンカチを介して温めましょう。

10分~15分程度でokですので、休憩中などに試してみてはいかがでしょうか。

どうしても症状が辛い・楽になりたいという場合は、是非一度、飯田橋接骨院にお立ち寄りください。

年中無休でお待ちしております。

 

 

 

鼻づまりと肩こりの関係性

2014.02.09 | Category: 首肩こり

こんにちわ^^

飯田橋接骨院です。

昨日はすごい雪でしたね!!!!

道にもかなりの雪が残ってます。

皆さん、転んで怪我をしないように気を付けてくださいね。

 

さて、今日は鼻づまりと肩こりの話です。

鼻が詰まると、肩や首が凝ることがあります。

なぜ起きるのか???

その理由は血行にあります。血行が悪くなり、粘膜が腫れて起こる鼻づまりの場合、

その他の部分の血行が悪くなってることがあります。 その結果、肩こりや首こりという症状として現れるのです。

 

鼻づまりに関連する肩こりの対処法

  • お風呂にゆっくりと浸かる

お風呂にゆっくりと浸かり、血行を良くします。

また、お風呂の蒸気で粘膜に良い効果があり、鼻の通りを良くしたり、鼻孔が広がるので血行が良くなります。

  • 枕の高さを変える

夜眠っている最中に鼻づまりで起きてしまったり、寝付けない人は枕を少し高くしてみてください。そうする事で鼻づまりが解消されると同時に肩こりや首こりが解消される事があります。極端に高くしすぎると寝違えてしまう可能性があるので普段よりも少しだけ高くするようにしましょう。

普段から、鼻づまりで悩んでいる方は多いと思います。

一度試してみてはいかがですか??

アスリートに多い腸脛靭帯炎

2014.02.08 | Category: アスリート施術・スポーツ障害

こんにちは!飯田橋◎カイロプラクティックの石原です。

大雪ですね~こんな日は家でゆっくりしたいものですが、、

飯田橋接骨院は元気に営業しております。笑

お近くの方、暖房効かせてますんで是非~♪

さて、今日はランナーシリーズということで、ランナーによくある症状上位、

【腸脛靭帯炎】について。

ランナーの方なら9割近くの人が経験するのではないかというくらいメジャーな症状ですが、簡単に解説を。

簡単に言うと、膝の外側が痛む!!という症状です。

簡単に言い過ぎましたが、原因は“腸脛靭帯炎”というものが、太ももの骨との摩擦を起こす&ハリ過ぎてしまう。のが主な原因です。

使いすぎということも言えます。

こんなときは、休めばそのうち直るでしょう!!!

、、と思っていても、全然直らないんです!

おしり~太もも~ふくらはぎを緩めたり、ストレッチしたり、骨盤のバランスを整えて膝の負担を減らしたりと。。

やらなきゃ直りません!そしてなるべく早いうちに!

また、このような症状が出る前に予防することが最も大切です!

ランニングの際に気になる症状がある方、お気軽にお問い合わせ下さい!