TEL

ねんざ・うちみ・肉離れの施術はどっち? | 飯田橋接骨院|飯田橋・神楽坂で10年以上の施術実績の整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 手足のケガ > ねんざ・うちみ・肉離れの施術はどっち?

ねんざ・うちみ・肉離れの施術はどっち?

2015.08.22 | Category: 手足のケガ

ねんざ(捻挫)とは関節を捻って靭帯や関節包が傷つき、痛みと腫れがでてくるのが特徴です。

うちみ(打撲)は、転んだりぶつかったりして全身のどの部分にも起こるもので内出血したりたんこぶのように腫れたりします。

肉離れ(筋挫傷)は、筋肉・筋膜・筋繊維が損傷・断裂・部分断裂したものでおもにふくらはぎによく起こります。

スポーツや競技、日常生活で怪我をした時、ねんざ・うちみ・肉離れなどの症状の時、整骨院・接骨院・病院・整形外科どこに行くでしょうか?

(ちなみに整骨院・接骨院・病院・整形外科、どこに行っても捻挫・打撲・挫傷は保険適用症状なので健康保険が使えます。)

 

病院や整形外科のメリット

①レントゲンやMRIが使えるので骨折との鑑別が正確である。

②薬の処方ができるので、湿布や痛み止めの薬が安くもらえる。

 

整骨院・接骨院のメリット

①包帯やテーピング・電気施術・手技療法など施術が丁寧

②近所にたくさんあるから通院しやすい

 

おおざっぱにはこんなところでしょうか。それぞれにメリットデメリットがありますが、重症なものは病院整形外科でまずは精密検査。それ以外は整骨院・接骨院で施術。これが一般的な考え方だと思います。

飯田橋・神楽坂・江戸川橋エリアの飯田橋接骨院でももちろん、捻挫・打撲・挫傷の施術はやっております。

ねんざ(捻挫)といえば、足首の捻挫、足の甲の捻挫・足関節捻挫・手首の捻挫・膝の捻挫・頚椎捻挫・腰椎捻挫・肩関節捻挫などで来院されるお客様が多いです。

うちみ(打撲)といえば、コンタクト系スポーツでの部分打撲・交通事故などの全身打撲が多いです。

肉離れ(筋挫傷)では、ふくらはぎが圧倒的に多いです。

もしも、捻挫・打撲・挫傷でお困りなら、飯田橋・神楽坂・江戸川橋エリアの飯田橋接骨院にお気軽にご相談ください。

各種保険適用なので健康保険をご持参ください。

スポーツ保険・自転車保険などの傷害保険も大丈夫です!

 

料金システム、保険施術1