TEL

アスリートに多い腸脛靭帯炎 | 飯田橋接骨院|飯田橋・神楽坂で10年以上の施術実績の整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > アスリート施術・スポーツ障害 > アスリートに多い腸脛靭帯炎

アスリートに多い腸脛靭帯炎

2014.02.08 | Category: アスリート施術・スポーツ障害

こんにちは!飯田橋◎カイロプラクティックの石原です。

大雪ですね~こんな日は家でゆっくりしたいものですが、、

飯田橋接骨院は元気に営業しております。笑

お近くの方、暖房効かせてますんで是非~♪

さて、今日はランナーシリーズということで、ランナーによくある症状上位、

【腸脛靭帯炎】について。

ランナーの方なら9割近くの人が経験するのではないかというくらいメジャーな症状ですが、簡単に解説を。

簡単に言うと、膝の外側が痛む!!という症状です。

簡単に言い過ぎましたが、原因は“腸脛靭帯炎”というものが、太ももの骨との摩擦を起こす&ハリ過ぎてしまう。のが主な原因です。

使いすぎということも言えます。

こんなときは、休めばそのうち直るでしょう!!!

、、と思っていても、全然直らないんです!

おしり~太もも~ふくらはぎを緩めたり、ストレッチしたり、骨盤のバランスを整えて膝の負担を減らしたりと。。

やらなきゃ直りません!そしてなるべく早いうちに!

また、このような症状が出る前に予防することが最も大切です!

ランニングの際に気になる症状がある方、お気軽にお問い合わせ下さい!